トキクリエイトが大切なものは故郷の自然と人です トキクリエイトの生産活力で故郷地域を守ります 自然の恵みに感謝し命をいただくトキクリエイトです 自然の中で育った命を活かすトキクリエイト 故郷が育んだ自然の恵みの食材を選ぶトキクリエイト
トキクリエイトの基本理念 トキクリエイトの事業内容 トキクリエイトの命のストーリー トキクリエイトのshopping トキクリエイトの会社概要

謝土の心で 命をいただく

白山の麓で

 霊峰・白山に連なる山々に囲まれた勝山市平泉寺町に、ラブリー牧場という小さな牧場があります。標高400メートルの高原で、清らかな奥越の水と空気に恵まれた大自然の中で、40頭ほどのジャージー牛がのびのびと育っています。


心に

刺さった言葉

 長い間、この牧場の牧畜や食肉に携わりってきた私とラブリー牧場の牧場主、松本忠司さんには、心に刺さったトゲのような思いがありました。というのは、欧州産ジャージー牛は、豊富な乳脂肪分を含んだミルクが採れる乳牛で、雌牛が生まれると大変重宝がられるのですが、一方で生まれてくるのは雌だけではありません。牧場でも年間7~8頭ほどの牡牛が誕生するのですが、それが生まれて数ヶ月で短い一生を終えていたのです。


生れた 大切な命

 「肉牛としての肥育効率生産性は低い」…人間が決めた経済の物差しで計って、処分されてしまう若牛の命…。なんとか美味しくいただく方法はないのだろうか。

 そこから私と松本さんは、ジャージー牛を肉牛として育てるという試行錯誤を始めたのです。完全無農薬の牧草にこだわり日中は牛舎でなく奥越前の高原に放牧し、生まれた地でのんびりストレスを与えない育て方をする、など私たちの手探りは10年以上に及びます。

 ラブリー牧場のように数少ないジャージー牛を牧場で自由に放牧して育てているところは、日本国内でもほとんどありません。

 今はようやく食肉として食卓にのせるとこまで来た、と自負しています。


自然に

感謝を

込めて

「謝土」

 この話に限らず、人間の物差しで世の中を動かしているために、自然や生まれてくる命に、どんなに大きな代償を払わせていることか。荒れていく山々、災害を引き起こしやすい河川、増える耕作放棄地や田畑を荒らす野生動物…

 これらは、実はみんな人間の営みが引き起こしている…私は野山を回りながら、冬場に狩猟をしながら、そう思うのです。


 サスティナブルもけっこう、SDGsもけっこう、脱炭素もけっこう…打つ手があったら何でもやるべきだ。土の文字に感謝の謝を付けて…「謝土(シャトー)」。これは昭和の時代にワイン好きの…私が考えた造語です。

 土(大地)に深い感謝と尊敬の心を持って、命をいただく。そんな思いで私なりにできる生業を続けていきたいと思っています。

代表 谷川 武夫



喜びと励ましの声


 私は本当に田舎の主婦で新しいことや、華やかな世界とはかけ離れた場所でそっと生きてるのですが、福井県のお肉のプロフェッショナル、(株)トキクリエイトさんによる、飼い主と愛犬の食卓のための新商品開発までを覗かせて頂きました。


 それは、十勝で育った鹿肉を綺麗に処理して、テーブルに並べて、手を合わせて頂こう。
その時、いつもそばにいてくれる家族(犬)にも、安心してお裾分けをしよう、というもの。
長く犬と暮らし、犬のご飯をあれこれ見てきましたが、人と犬が一緒に同じ鹿肉を楽しめる商品を、私は見たことがありませんでした。


 そんな鹿肉。一足先にお味見させて頂きました。
きれいにパックされた鹿肉は、すぐに解凍できて 煮たり 焼いたり 乾燥させたりが、とても簡単です。
その間、いい匂いです、と、犬がウロウロ私にまとわりつきます。時にはしがみついてきたり。
その姿にニコニコしながら、これは一緒に食べれるよ、と話しながら作る幸せ時間。
うちの犬も仲良しワンちゃんたちも、そして私も、美味しく頂きました。


 けちんぼな私が、ワンコインなら買いやすいなぁ、なんて無茶を言ったら、その価格でまたまたあれこれ考えてくださり、いよいよ来週からひとパック500円で、販売が決定したそうです 。


 ひとつの商品が世に出るまでに、いかにたくさんの問題がでるか、いかにたくさんの人たちの知恵が集まるか、いかにたくさんの人の想いがこめられていくか。


 プロの方の夢の実現を、かなり細かく拝見できた贅沢な時間でした。


こんな経験を、本当にありがとうございます。そして、ごちそうさまでした。     Mさんより

会員募集

只今、謝土の会では会員を募集しています。お気軽にお問い合わせください。>詳しくはコチラ

福井のトキクリエイトは農畜林産物販売・加工します